twitter

  • twitter
無料ブログはココログ
フォト

リンク

« ICOM IC-502A 前面部分解 | トップページ | Anritsu MS2840A and MS2830A Low Phase Noise Option »

2017年3月29日 (水)

IC-502Aのスプリアス

私のIC-502Aは、先日の記事に書いた改造を行ひスプリアス試験に合格した。但第2、第4高調波のレベルに余裕がない。整備しないと不合格になる個体が多いかも知れない。

JA0IAA氏の記事にもあるが筐体の嵌合状態により
第2高調波のレベルに変化があるやうだ。また筐体内の導体配置によつても変化するやうで、後付けしたセミブレークイン回路を撤去したのはそのためである。

試験は50.5MHz 1波にて。A1A時の送信電力を35.0dBmに調整し、第2高調波-61.3dB。

Ic502a_2_50r5m_a1a_nrh300m

※この画面の測定の後ゼロスパン測定を行ひ値を確定させたので、マーカーリストの値は暫定値である。

関連記事
ICOM IC-502A 帯域外領域スプリアス2
ICOM IC-502A 帯域外領域スプリアス

« ICOM IC-502A 前面部分解 | トップページ | Anritsu MS2840A and MS2830A Low Phase Noise Option »