サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 東芝TRYX2000のスプレッドダイヤル | トップページ | 電気通信術受信試験の筆記具 »

2018年4月20日 (金)

S50年代掛時計のムーブメント

電池交換しても動かない掛時計のムーブメントを取り出した。乾電池の液漏れにより基板に上がつた緑青を除去しても動作しない。

発振回路の水晶発振子の容器は、近年使はれてゐるシリンダー型ではない。水晶の負荷容量としてトリマーCに11pFと8pFのCHディスクセラミックコンデンサーが付いてゐる。

負荷容量を外した単体状態でインピーダンスを測定すると共振点が約4.193MHzである。32768Hzの128倍の4194304Hzを発振するものと推測される。

30年前のものはこんなものなのか。ムーブメントの外形寸法からリズム時計の製品と推測される。

20180418_1711_1_2

昭和51年の時計学会誌に、シチズン時計中山敏彦氏の論文を見つけた。当時のクロック周波数の主流は4194306Hzとのことである。

中山敏彦「クロック用ATカット水晶振動子」日本時計学会誌No.79 (1976)

« 東芝TRYX2000のスプレッドダイヤル | トップページ | 電気通信術受信試験の筆記具 »