サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

50MHz帯スプリアス技術基準 USと日本の差

エレクラフト社KX3の保証認定が50MHz帯で否認されるといふ話が見える。
空中線電力が8Wの場合アメリカの技術基準は日本より5dB大きくなり日本より緩い。この点をJARDは懸念してゐると考へられる。

アメリカのアマチュア50MHz帯の技術基準をCFR47から読んで日本の基準と比較してみよう。

まづ日本の技術基準 
 

基本周波数帯

 
 

空中線電力

 
 

帯域外領域におけるスプリアス発射の強度の許容値

 
 

スプリアス領域における不要発射の強度の許容値

 
 

30MHzを超え54MHz以下

 
 

50Wを超えるもの

 
 

1mW以下であり、かつ、基本周波数の平均電力より60dB低い値

 
 

50μW以下又は基本周波数の搬送波電力より70dB低い値

 
 

1Wを超え50W以下

 
 

基本周波数の搬送波電力より60dB低い値

 
 

1W以下

 
 

100μW以下

 
 

50μW以下

 

次にアメリカの技術基準
根拠法令

Subpart D-Technical Standards

 97.307   Emission standards.
(e) The mean power of any spurious emission from a station transmitter or external RF power amplifier transmitting on a frequency between 30-225 MHz must be at least 60 dB below the mean power of the fundamental. For a transmitter having a mean power of 25 W or less, the mean power of any spurious emission supplied to the antenna transmission line must not exceed 25 µW and must be at least 40 dB below the mean power of the fundamental emission, but need not be reduced below the power of 10 µW. A transmitter built before April 15, 1977, or first marketed before January 1, 1978, is exempt from this requirement.
30-225MHzの場合
  • 減衰比は60dB以上でなければならない(一般原則)
  • 空中線電力25W以下の場合、25uW以下かつ減衰比40dB以上でなければならない但し10uW未満に減衰させる必要はない
  • 過去の無線機についての免除規定
アメリカではアマチュア無線について帯域外領域の測定は免除となつてゐる。スプリアス領域だけである。

エレクラフトKX3の50M帯の送信電力は定格8Wなのでこの場合に適用される基準は以下のやうになる。
  • 日本 基本周波数の搬送波電力より60dB低い値
  • アメリカ 25uW以下かつ減衰比40dB以上でなければならない但し10uW未満に減衰させる必要はない
具体的に数値を計算すると、8W(39dBm)より40dB低い値は-1dBm(794uW)となり25uWを超えるので25uW(-16dBm)まで低減させなくてはならない。減衰比は
39 - (-16) = 55 (dB)
となる。この値は日本より5dB小さく、許容値としては5dB大きい。
この点をJARDは懸念してゐると考へられる。

2018年9月17日 (月)

Toroidal coil inductance: Difference due to wire-winding ways

This is a comparison with toroidal coil inductance difference due to wire-winding ways, tight winding and all-perimeter winding. In small turn number 5, the inductance by tight local winding is more than twice its by all-perimeter winding.
  • 5-turn tight local winding ---- 359 nH @28 MHz
  • 5-turn all-perimeter winding ---- 164 nH @28 MHz
AL number of an iron powder core is specified in 100-turn winding. So we have to take care of actual inductance in winding below 100 turns. We can't know its inductance without measuring.

A certain book says that cores of low permeability like an iron powder core well show this tendency.

In 5-turn tight local winding rotation of the core affects the inductance. I got 340 nH minimum with rotation of the core. But this is adequate variance because the difference is only -5 %.

Toroidal Core: T68-6, nominal permeability is 8.5
Core Brand: Micrometals (Amidon )
Winding Turn: 5
Wire: 0.8 mm UEW
Network Analyzer: DG8SAQ VNWA3E
Frequency Range: From 1 MHz to 1 GHz
Traces: Inductance & Q

Toroid_coil_wind_diff

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »