サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 古い同軸ケーブルの特性確認 | トップページ | Twitterの言葉狩りに反対する »

2019年1月13日 (日)

TTL74スタンダードシリーズ100秒計ストップウォッチ

渋谷の児童会館で39年前(S54/1979年)に作つた100秒計ストップウォッチ 。使つてゐる標準ロジックICはTTLの74無印シリーズ。クロック源は定番タイマーのNE555。

20190103_175138_2

ICの製造年は、捺印されてゐるロット番号から推察すると1976年と1977年らしい。

部品は藤商電子で買つた。
週に一度渋谷に出掛けて、完成まで一ヶ月位掛つた気がするので製作時間は延べ三日位だらうか。
児童会館の資料を持ち出すことはできないので行かないと作業が進まない。ゼロックスコピー機もまだ普通にない時代だからコピーも容易でない。

電流を測つたら5Vで220mAも流れてゐる。大喰ひだ。
データシートを見ると

  • SN7447A ICC typ 64mA
  • SN7490A ICC typ 29mA

これが各二つあるのでこれだけで186mAだ。この頃のTTL ICで乾電池駆動の機器を作るのは難しい。

初代TTL ICの消費電流はCMOS時代とは大違ひだ が真空管やバラのトランジスターで論理回路を組んだ時代よりは遙かに低消費電力なのだらう。

 

« 古い同軸ケーブルの特性確認 | トップページ | Twitterの言葉狩りに反対する »