サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

リンク

無料ブログはココログ

旅行・地域

2016年5月29日 (日)

ベトナム旅行 ハノイ ノイバイ空港-市内/7番バス

H28.5.10火曜日から14日土曜日までベトナムのハノイに行つてきた。
ハノイのノイバイ空港からハノイ市内まで市バスを利用したのでそのメモを記す。
私の滞在地はコーザイ地区だつたので
7番バスに乗車した。運賃は8000ドン。

  • ノイバイ空港からコーザイバス停
    19:40
    着の便で第二ターミナルに到着。順調に20:00過ぎ税関カウンターを出た。


    両替などをした後バス停を探す。ターミナルビルを第一ターミナル側に出る。そこから暫く歩くと左側に駐車場がある。バスの案内板とパイプのベンチがあるのがバスターミナルだ。ベンチには何人か先客がバスを待つてゐた。タクシーなどの運転手も休憩してゐたやうだ。

    このページの「
    広い敷地」の写真がバス乗り場である。ここに路線バスもやつてくる。ノイバイ空港の公式webにある構内案内図はこちらである。

    10
    分ほどして20:237番バスが到着した。この時間の客は少なく着席できた。

    21:10
    コーザイバス停に到着、下車した。
    コーザイ通りはモノレール高架の工事中で工事による中央分離帯ができてゐて横断できる箇所が少なくなつてゐる。

 

  • コーザイバス停からノイバイ空港
    5/14土曜日
    16:30コーザイバス停から乗車。帰宅時間帯のためか満員。着席できず。40分ほどして空港まで近いところに来てやつと席が空いた。

    市内行きと異なり空港行きは第二ターミナルに停車しなかつた。第一ターミナルの第二ターミナル側の端にあるバスターミナルに到着。時刻は17:30、所要時間は一時間だつた。


    そこからターミナルビルまで徒歩で進み、ターミナル間連絡シャトルバスに乗車する。この時シャトルバスがなかなか来ず17:45まで待つた。

 

2007年10月 1日 (月)

IC乗車券

首都圏ではパスモもスイカも同様に使へるのだが、それを知らない人が多いやうだ。
(但し一部の例外を除く。例へばスイカ開始時の記念ICカードではバスに乗れない。)
こんなポスターが掲示されてゐる。
Pasmo_suica

2006年7月20日 (木)

東海道新幹線車内のNHK第1放送FM再送信

東海道新幹線の車内ではNHK第1放送をFMの79.6MHzで再送信してゐる。東京を出発する時は東京第1放送が流れてゐるが、静岡になるといつの間にか名古屋第1放送に切り替はってゐる。
これまで東京から名古屋まで何度もこの車内放送を聞いてゐたが、どこで中継ソースを東京放送局から名古屋放送局に切り替へるのか、なかなかわからなかった。それが今日わかった。
切り替へ地点は熱海であった。熱海を過ぎると車内放送に雑音が多くなる。今日はちょうどその時にローカルニュースを放送してゐた。雑音が増えたことに気付いたその直後に放送内容が全く異なるものになったのである。全国放送の時間帯では、切り替はったとしてもわからなかったのである。
この新幹線の車内放送についてはここに解説がある。

2006年7月 2日 (日)

温泉でパンツが消滅

先週の休みは温泉に行った。そこで事件が起きた。

大浴場から上がるとパンツがなくなってゐた。
隣の籠と間違へたかと思ったが、隣の籠は空いてゐる。
下着上下を付けた上に浴衣を着て大浴場に行った。籠にシャツはあった。籠を間違へたわけではなかった。

とにかくパンツがない。
諦めて暫くノーパンで過ごすことにした。

さて旅館には団体も宿泊してをり、一緒に入浴してゐた。
私が同行者とパンツがないと話してゐたさなか、脱衣場に私を見つめる男を見つけた。
その後、宴会場の入り口でその人と遭遇したがまたこちらを見てゐた。
彼に見つめられる心当りはない。

彼はパンツ騒動と関係があるのだらうか。

1999年10月17日 (日)

名古屋と漢数字の八の関係

 名古屋の町には漢数字の「八」が多く見られる。 例えば、名古屋市の市章は「八」を丸で囲んだものになっている。名古屋市営地下鉄のマークは、トンネルの中に敷かれた二本のレールを象徴しているが、市章と同様に「八」の書体をゴシックにして丸で囲んだものと見ることができる。
 マーク以外にも「丸八会」「丸八」云々という団体・会社名が名古屋地区には見られる。 サッカーチームの名前も「名古屋グランパスエイト」である。 また名古屋大学の前身は旧制「第八高等学校」であったようだ。 名古屋と「八」の字にはどのような因縁があるのだろうか。
 名古屋市市章の由来を名古屋市ホームページは次のように解説している。

    『尾張徳川家で合印として使用されていた「丸に八の字」印といわれています』

 聞いた話によると「合印」とは合戦の時の「識別マーク」らしい。この解説では、名古屋市当局も市章決定の由来が分からないようである。
 さて、もし尾張徳川家の合印に由来するとして、マークそのものの由来に対する疑問は残ったままである。私が聞いている説には次のようなものがある。

    第一の説
    「八」は実のところ8を表す漢数字ではなく、熱田神宮に群れている鳩が2羽向かいあった姿を形どったものである。

    第二の説
    名古屋の町は八つの集落が合併して成立した。その八つの集落の和を象徴して八の字を丸で囲んだ。
    「三和銀行」の名前の由来と同じである。

 本当のところはどうなのだろうか。