サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

リンク

無料ブログはココログ

趣味

2019年1月13日 (日)

TTL74スタンダードシリーズ100秒計ストップウォッチ

渋谷の児童会館で39年前(S54/1979年)に作つた100秒計ストップウォッチ 。使つてゐる標準ロジックICはTTLの74無印シリーズ。クロック源は定番タイマーのNE555。

20190103_175138_2

ICの製造年は、捺印されてゐるロット番号から推察すると1976年と1977年らしい。

部品は藤商電子で買つた。
週に一度渋谷に出掛けて、完成まで一ヶ月位掛つた気がするので製作時間は延べ三日位だらうか。
児童会館の資料を持ち出すことはできないので行かないと作業が進まない。ゼロックスコピー機もまだ普通にない時代だからコピーも容易でない。

電流を測つたら5Vで220mAも流れてゐる。大喰ひだ。
データシートを見ると

  • SN7447A ICC typ 64mA
  • SN7490A ICC typ 29mA

これが各二つあるのでこれだけで186mAだ。この頃のTTL ICで乾電池駆動の機器を作るのは難しい。

初代TTL ICの消費電流はCMOS時代とは大違ひだ が真空管やバラのトランジスターで論理回路を組んだ時代よりは遙かに低消費電力なのだらう。

 

2018年8月26日 (日)

モールス符号練習ソフトウェア「A1A Breaker」

モールス符号の書き取り受信練習ソフト「A1A Breaker」を最近知つた。
これは試験対策に良いソフトウェアだ。練習用電文を作成できるやうになつてゐる。もう昔のカセットテープ/CD練習教材はいらないだらう。

さらに試験用紙を印刷する機能までついてゐる。
電気通信術受信試験の筆記具」の記事で写真に撮つた電報用紙と同じ物がこのソフトウェアで印刷できる。
 
私はこのソフトウェアで電文を発生させて送信練習の材料にしてゐる。コンピューターで再生したリズムを聴いて縦振り打電の練習をするのだ。
 
昔は苦もなく打てた毎分100字の速度を連続して出すのに苦労してゐる。聞き取れても手で打つのが難しい。

2018年5月 7日 (月)

電気通信術受信試験の筆記具

電気通信術の試験はアマチュア無線資格の国家試験からなくなり、一部の業務資格についてのみ存続してゐる。電気通信術の試験は電信と電話について行はれる。受信の試験では聞き取つた文字を試験用の電報用紙に書き取る。

20170404_122124s

電文が速くなると筆記の巧拙が問題になつてくる。私の場合筆が滑り過ぎるとうまく筆先を制御できなかつた。採点者が読める文字を書かないと試験では意味がない。

例へば上質紙にシャープペンシルの組み合せでは筆先が滑りすぎて書きにくい。ボールペンもさうだ。筆先が滑らかな筆記具は運筆も細かくないと文字が暴れる。そこで私が使つたのは鉛筆である。勿論先は細くせず適度な太さで削つておく。

電報用紙に下敷きを使ふのも筆が滑るので気に入らなかつた。試験用電報用紙の紙質は覚えてゐない。ざら紙に近いものならそのままでも良いだらう。上質紙であれば摩擦が増えるやうに紙を重ねたりするのが良いだらう。

掲載した写真の電報用紙は三十年前に購入した電気通信振興会の練習用のもの。これはざら紙に近いものだつた。 今販売されてゐるものは上質紙かも知れない。

勿論滑る筆で上手に運筆できる人には心配のないことである。

2018年4月 9日 (月)

東芝TRYX2000のスプレッドダイヤル

東芝のBCLラヂオTRYX2000、これは愛称であり正式型番はRF-2000Fといふ。この機種は受信周波数の読み取り精度を上げるために同調ダイヤルに「スプレッドダイヤル」目盛板が付いてゐる。バンドによるが5kHzから20kHzの単位で周波数を読み取ることができる。

Tryx2k

スプレッドダイヤル較正システムの構成要素は、1MHzのクリスタルマーカーとスプレッドダイヤルの二つである。クリスタルマーカーは約1kHzの低周波でAM変調が掛けられてをり他の信号との区別がしやすくなつてゐる。

スプレッドダイヤルは各放送バンド毎に目盛が振られてゐる。この目盛の範囲内にクリスタルマーカーの高調波である000kHzが設定されてをり、ここでクリスタルマーカーを受信するやうにスプレッドダイヤルを較正する仕組みである。

Tryx2k_spdial

但し本機には設計に起因する注意事項がある。000kHz附近でクリスタルマーカーの高調波が二箇所で聞こえることである。これは低い方に合はせなければならない。

この機種はIFが455kHzのシングルスーパーへテロダインの構成である。1.6Mから30MHzまでの短波帯を受信できる機種なのにである。

局部発振器は受信周波数に対して455kHz高い周波数で発振する。000kHz附近で二つの信号が聞こえる理由は、1MHz上のマーカー信号が90kHz上の周波数でイメージ受信されることによる。 受信すべき周波数は局発周波数の下側であり、上側はイメージ信号である。

10MHzを受信する場合で考へてみる。この時の局部発振周波数は10455kHzとなる。

10455kHz - 455kHz = 10000kHz 

90kHz上の10.090MHzを受信すると局部発振周波数は10545kHzとなり

10545kHz - 455kHz = 10090kHz

と所望の受信周波数の関係に対してイメージ受信については

10545kHz + 455kHz = 11000kHz

となり1MHz上の11MHzのマーカーがここで聞こえるのである。

受信機はトラッキング調整がされてゐるので、イメージ信号の受信強度は本来の信号より小さい。取扱説明書では、二箇所のうち下の周波数のレベルの大きい信号で較正すると注意が出てゐたと記憶してゐる。

しかしSW3のハイバンドでは

  • 受信周波数とイメージ信号周波数の差(910kHz)と受信周波数の比が小さくなるためイメージ信号の抑圧度が下がること
  • クリスタルマーカーの信号が高次の高調波となるため弱いこと

によりイメージ信号とのレベル差が小さくなるので注意が必要だ。

2018年4月 5日 (木)

日本アマチュア無線連盟(JARL)に対する見解

JARLの会員数は免許されたアマチュア局の約15%。アマチュア無線界最大の団体ではあるがアマチュア無線家全体を代表するには数が足りない。

私は交信を滅多にせず紙のQSLカード交換もしない。QSLカード交換はeQSLかLoTWで代用されれば充分。紙のQSLカード交換しか便益のないJARLに入る気はしない。

特に便益のない団体に支払ふ年会費として7200円は惜しい。

JARLは研究開発志向の人に便宜を図つゐない。研究開発志向の人がJARLに入る動機はない。

電波の質を測定する施設をJARDは平日限定であるが2000円+税で開放してゐる。JARLが研究開発志向の人を支援するといふなら、その程度のことを全国各支部で展開するのが適当だらう。かつてあつた技術研究所の測定サービスは全国に展開しなかつた。

以上がJARLを退会し加入しない理由である。

2018年3月 9日 (金)

23年使つてゐるSONY ICF-2010 (2001D)

 ソニーのラヂオで世界的に人気の高かつたICF-2001D/ 2010。これを1ドル80円位の時、アメリカのUniversal Radioから購入した。当時はまだインターネット時代ではなくFAXで遣り取りをしてゐた。

2009年6月23日 (火)
SONY ICF-2010の化粧箱

 Universal Radioから購入したのはアメリカ仕様のICF-2010である。差異は

  • 筐体印刷に日本語がなく英語表記であること
  • ACアダプターのブレードが左右で幅が異なり、極性付きのものになつてゐること

位である。

 このラヂオは寝床に置いてあり、就寝時、起床時に利用してゐる。最近は発振ブロックのハンダ割れ故障もなく問題なく動作してゐる。

Icf2010_view

2009年8月31日 (月)
SONY ICF-2001D/ 2010の修理
  

 ハンダ割れ故障は、筐体の前後を手で挟むやうにして持ち上げるとき、プリント基板に力が伝はることで発生する。そのため移動回数を減らすことでハンダに掛るストレスを減らし、故障に至る期間を延ばしてゐる。以前は7年おきに故障が発生したが、現時点で前回の修理から8年が経過した。今度はいつまで保つだらうか。

2009年8月 5日 (水)
SONY ICF-2001D/ 2010 ブロック図

2012年5月 8日 (火)
SONY ICF-2001D/ 2010 マイコン/時計用電源改造

 ICF-2001Dの電源系統はデジタルとアナログ系統と二つある。この二つは分離されてをり、デジタル系統は単3型乾電池2本のみで駆動される。主電源が供給されてゐる場合でもそこから供給されない。

 デジタル系統の電流は動作時に増え、累積駆動時間が長くなると電池が消耗する。しかも電池交換時にデータがバックアップされない不親切設計となつてゐる。その不都合を解消したのが上記「マイコン/時計用電源改造」である。この改造から6年経過したが不都合はない。また電池交換はその時以後してゐない。

 私はICF-2001Dと近い時期に発売されたICF-7600Dも33年間使用してゐる。

2009年8月 3日 (月)
SONY ICF-7600Dの化粧箱

このマイコン電源も同様に単3電池2本で駆動される。但こちらは15年近く交換せずに済んできた。性能を追求したICF-2001Dに対してICF-7600Dは使用する上で上手い設計である。

その他ユーザーインプレッション

  • LED Sメーター
    LED Sメーターの部分は照明を消したときに眩しいので紙で覆つてある。輝度調節機能は実装されてゐない。
  • ボリュームの変化率
    音量調節は縦に実装されたスライダー型ボリュームで行はれる。深夜に音量の調整が難しい。もう少し音量の小さい領域の変化が緩慢だと調整しやすい。
  • 筐体底面の突起
    畳に直に置くと突起が畳に喰ひ込み都合が悪い。突起部分をテープで覆ふか敷物を敷く必要がある。

2017年11月29日 (水)

短波別冊「DX年鑑1980」の広告

月刊「短波」S55(1980)年8月号に掲載されてゐた「DX年鑑1980」の広告。

Tp198008_dx_ad


2017年11月 8日 (水)

アマチュア無線用送信機キット 購入時の留意点

 キットを組み立てる自作とは、製造業でいへば工場の製造作業を自分ですることだ。キットの仕様を決めたり、それに基づいて回路設計をするわけではない。キットの性能はキットの設計者に依存することだ。どんなに高い技能を用ゐてキットを組み立ててもキット設計者が想定した性能を再現するに過ぎない。 

 そこでの問題は、キットの仕様が自分の要求仕様に合致してゐるかである。設計者の想定した仕様が自分の要求仕様を満たしてゐるか判断しなくてはならない。送信機キットを組み立てたもので無線設備の許可を取る場合、キットの性能が日本の技術基準を満たすのか確認することが必要になる。販売者の呈示する仕様書や実測データからそれを判断することにならう。

 測定の意思がなくTSSで保証認定を受ける場合でも最低それだけのことはしたい。一方JARDは自作品の保証認定について実測データを求めてゐる。しかし販売者が種種の実測データを公開し、統計的なデータを開示してゐるなら、当該機種について測定が免除される可能性もあるだらう。

2017年10月 5日 (木)

S58年のハムフェア入場券

実家の本棚の整理をしてゐると32年前のアイコムBeaconが二部出て来た。
その間に晴海時代のアマフェスの入場券が挟まつてゐた。

20171004_105126s

1983年ハムフェア入場券

2017年8月 9日 (水)

上田無線HFワイヤーダイポールアンテナキットの説明書

大阪の上田無線が販売してゐたHFワイヤーアンテナキットの取扱説明書が本棚の裏側から出て来た。
ワープロではなく手書きの文書である。参考にアップロードする。

型番 A458
帯域 3.5M, 7M, 21MHz

Ueda_ant1

 

Ueda_ant2

商品外観の写真を示す。これは残存部品を売却する際に撮影したもの。

20170301_140

より以前の記事一覧