サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月29日 (火)

ダイワ アンテナ切換器CS-201分解

 ダイワインダストリ製のアンテナ切換器CS-201のコネクターが緩くなり回転する不良が起こつた。写真右上のコネクターが緩くなつてしまつた。購入時期はS63(1988)年頃。

Img_0861

 分解すると以下の構造になつてゐた。コネクターを固定するイモネジが緩んでゐた。この不良が発生したらコネクターを回転させてはいけない。電極が捩れて変形してしまふ。写真では左側の電極が捩れて変形してゐる。

Img_0865

 捩れた電極板金を補修してから特性を測定した。

  • 通過特性 コモン端子からポート1

Cs201_s21_c1

144M帯まで0.1dB以下。他の組み合せにより測定を行つた結果ポート偏差もない。電極板金の補修は成功した。

2020年9月26日 (土)

圧着式SMAコネクターの不良モード

 近年圧着式SMAコネクターが盛んに使用されてゐる。これが不良になると芯線とシールドが短絡する。

Img_0847

 圧接部分に繰り返し捻りが加へられることでシールド編組が切断される。そのためケーブルとコネクターシェルとの固定が弱くなる。

Img_0849

 ケーブルとコネクターシェルの固定が弱くなると、コネクター嵌合時に中心導体が押され中心導体が後退していく。

Img_0853

 中心導体電極の過剰突出を防ぐためケーブル側に絶縁体の端で止るやうに鍔が作られてゐる。中心導体が後退するとこの直径の太い鍔がコネクターシェルのシールドスリーブを後退する。コネクターを強く嵌合させると斜めに力が加はり鍔がシールドスリーブに接触し短絡する。

Img_0854

 

2020年9月 3日 (木)

スポーツクラブの在籍年数継続方法

 スポーツクラブ「Tipness」の会員になつて二十年経つ。私の店は元々は「レヴァン」といふ丸紅が経営する店だつたがサントリーが運営するTipnessと合併した。合併からは18年経つ。

 Tipnessはセントラルや東急オアシスなどの先行者と異なり長期在籍会員への配慮が会社として何もなかつた。約十年前から改善したがまだセントラルのやうにはならない。これまで度々改善意見を送るもののなかなか実現しないので直接的刺激を取ることにした。クラブへの支払を削減し年に二ヶ月を休会することにした。その間は維持会費として月間1100円しかかからない。

 一月から三月の間はこれまでの実績から利用日数が少なく休会するには都合の良い期間である。これは一月二月は店の営業日が少ないことと寒い日が多く利用しないことが多いためだ。その間風呂に自由に入れない不便はあるが、地域の公営施設を使つて過ごす。費用はスポーツクラブの約半額で済んでしまふ。

 Tipnessは私からの売上を約二ヶ月分年間で減らすことになり、その分を公営施設が取る。これがTipnessに対する私の直接的意思表示である。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »