サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

リンク

無料ブログはココログ

« Insertion loss and attenuation (S21) of Ameritron ARF-1000 LPF | トップページ | ヤエスFT-100(D) Sメーター較正 »

2020年12月 2日 (水)

ヤエスFT-100(D) IFフィルター設定

 ヤエスFT-100(D)はIFフィルターの設定を誤ると受信、送信できなくなる。未実装のフィルターを指定した場合信号をその経路を通すやうに制御するため信号が切断されるからである。オプションIFフィルターの実装状況に合はせて設定を確認する必要がある。

Img_0942_1

 この現象はAMモードのみで送信信号が出てこない不具合を端緒に認識した。搬送波はCWモード出力の約-70dBと非常に小さかつた。受信時のフィルター帯域幅は「6.0」と「2.4」が選択可能であつたが「6.0」にすると受信信号が消えた。信号経路の切断が疑はれた。

 この個体はFT-100DであるためCW500Hzフィルターが標準実装され、AM6kHzフィルターは未実装であつた。この場合AM受信時に6kHzのフィルターは選択できないはずであるが上述の通り「6.0」が選択可能になつてゐた。以上から設定の誤りが疑はれた。

 AMフィルターの設定は設定メニュー32番にありこれが誤つてゐた。

32 AM/CW-N FILT: 6.0

となつてゐた。AMフィルターが未実装の場合

32 AM/CW-N FILT: oFF

とする必要がある。このため送受信信号を未実装のフィルター経路に通す設定になつてゐた。信号経路は切断される。

 FT-100(D)でAMモードだけ送信信号が出てこない現象は故障ではなかつた。IFフィルターの設定が誤つてゐるとこの現象が発生する。フィルターの実装状態と設定を一致させておくことが重要である。

« Insertion loss and attenuation (S21) of Ameritron ARF-1000 LPF | トップページ | ヤエスFT-100(D) Sメーター較正 »