サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

リンク

無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年1月

2021年1月25日 (月)

縦振電鍵で打ちにくい文章

就寝前に縦振電鍵の打鍵練習をしてゐる。

和文の題材として振り仮名のある子供向けの文章を見てゐる。
その中に打ちにくい文章があつたので紹介する。

 アフリカ・エチオピアのせんしゅだったアベベは、1960ねん
 のローマオリンピックと、1964ねんのとうきょうオリンピッ
 クでつづけてゆうしょうしました。アベベのあとにも、オリンピ
 ックのマラソンで2どかったせんしゅはでていますが、アベベの
 かちっぷりはとびぬけています。

ゆつくり打つたり、エレキーで打つなら苦もないが縦振りで高速打鍵をしようとするとアベベ、アベベの繰り返しが苦しい。
短点の連続を所望の長さで止めるのが苦しくアベヘラになつたりする

次に欧文の題材を挙げる。

Extend the Drop-in Network with Embedded Development
The Drop-in Networking Starter Kit includes XBee interface
boards and modules, hardware accessories, software,
and documentation to further explore embedding a wireless
networking solution into your specific application. 

この文章ではEmbedded Developmentがしびれる。dのしつこさと短い符号の連続が難しい。xbeeもbに注意しないと腕ががたがたになる。accessoriesもrに到達してからiesを打つのが面倒になる。

 

引用文献
清水義範「マラソンの王者アベベ」世界の偉人たち、倫風2018年10月号、(一社)実践倫理宏正会
"Drop-in Networking GETTING STARTED GUIDE"(90000996-88_A), Digi International Inc., 2008

2021年1月 6日 (水)

八重洲FT-102S送信スプリアス測定結果 最終版

この記事は過去の記事「八重洲FT-102Sのスプリアス測定結果」を更新するものである。

 ヤエスFT-102S(10W機)の送信スプリアスを全帯域、全電波型式で測定した。その結果、高調波だけでなく基本波近傍にも技術基準を超えるスプリアスが発生してゐた。基本波近傍に現れるスプリアスの強度が大きくなるのはSSBモードであり、特に14M、18M、21M、24M帯で著しい。一方、域外領域におけるスプリアス発射のレベルはいづれも技術基準に対し餘裕を持つて合格してゐた。

  • 試験点数
     1.9M帯から28M帯まで電波型式ごと33点について試験を行つた。A1A信号の測定はキーイングせず連続送信状態で行つた。試験周波数は1.9M帯の電話と28M帯を除き指定周波数とし、1.9M帯の電話は1860kHzにて、28M帯は帯域の上端下端とした。
    Ft102_msmt_table
  • 試験個体製造番号
     2M071***

  • 試験時の設定
     A3Eモードでは搬送波電力をドライブつまみを調節しPEPの-6dBに設定した。F3Eモードでは搬送波電力をドライブつまみを調節しPEPに設定した。 電話の試験信号は疑似音声を用ゐた。

  • 不合格箇所
     33測定点の内18点で不合格となつた。不合格の測定点を下表の赤印で示す。
    Ft102_msmt_result_table


  • 不合格理由
No. 周波数 モード 詳細
1 1.9M   2倍高調波
2 3.5M A1A 2倍高調波
3 3.8M A1A 2倍高調波
4 7M A1A, J3E 2倍高調波
5 10M A1A 2倍高調波
6 14M A1A 2倍高調波
7 14M J3E 13.72M
8 18M J3E 3倍高調波
9 21M J3E 20.77M
10 24M J3E 24.64M
11 28.06M A1A, J3E, F3E 2倍高調波
12 29.64M A1A,  F3E 2倍高調波

 

  • 不合格状況
    J3Eモードでのスプリアス信号増大例(クリックすると別ウインドウで表示)
    A015_2_14m_a1a_j3e_1r5m

    基本波近傍に現れるスプリアス(24.94MHz J3E )
    Ft102s_24mm_a3jspur_000s

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »